プロフィール

みぃたんママ

Author:みぃたんママ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

みぃたんママ

Author:みぃたんママ
FC2ブログへようこそ!


ようこそ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は心臓血管外科の先生から手術の説明がありました。

【術式】
肺静脈狭窄に対する肺静脈狭窄解除術
(sutureless法)

前回グレン手術の時に肺静脈と心房に穴をあけ開通させた。穴が狭窄しないようにカーブのところは1本の糸で縫うのではなく、1つ1つ留めて縫っていった。

縫ったところには徐々に内膜が覆い被さってしっかりくっついていくのだが、

無脾症で総肺静脈還流異常症がある子の肺静脈はちょっと普通とは違う組織で出来ていて、そのために内膜が過剰に反応してしまい、穴を狭くしてしまったようだ。

肺静脈狭窄があるところもその穴の付近なので、共に反応してしまい狭窄したようだ。

そこで今回は肺静脈の穴の両端に切れ込みをいれ、心房で蓋をするように閉じる。

これは特殊な方法で、肺静脈と心房の断片同士を縫いつけるのではなく、のりしろみたいな感じに穴と切れ込みより少し大きめのところを縫っていく(sutureless法)。

これで再狭窄を回避する。
が、これで再狭窄が完全に起こらないというわけではないので、術後もしっかり見ていく必要はある。

あと、共通房室弁からの逆流は1~4度あるうちの1~2度程度。
今回心臓をあけて手術するので、共通房室弁も絞れそうなところがあれば絞って逆流を少なくしてあげようと思う。

術中や術後の死亡率+続発症(心不全や不整脈など)が起こる危険性は10%。

【手術日程】
2013年1月31日(木)
am 9:00~開始

麻酔等に時間を要すので、胸を開くのは10:30頃。

前回手術経験があるので癒着しているだろうからそれを剥がすのに時間がかかる。
終わるのは夕方頃だろう。


というような説明でした(>_< )

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。