プロフィール

みぃたんママ

Author:みぃたんママ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

みぃたんママ

Author:みぃたんママ
FC2ブログへようこそ!


ようこそ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年11月に入院したときの心エコーでは、
肺静脈と心房を開通させている穴が狭窄して血流が悪くなっていると考えていたが、

CTで見ると吻合部の左側の肺静脈もひきつるように狭窄していた。

無脾症の子は肺静脈狭窄を起こしやすいという特徴があり、1番懸念していた事だったが、それが起きてしまった。

というのは、この肺静脈狭窄は一度手術して治したからといって完全に治るものでもなく、繰り返し起こる可能性が高い。

そうなると心臓にも肺にも全身にも影響が出てきて、生命に関わってくる。

今回手術して治した後も今以上に注意してフォローしていくこととなる。

普通、この状態になったら顔がむくんだり色々な症状が出てくるハズ。
でもミズキはむくみもなく元気に動き回っていた。

そこでCTで見ると、
普段あまり役目を果たさない細い血管が何倍にも大きく育っていて、側副血行路を形成し、そこから血流を得ていたから症状が出なかったのだろう。

CT検査でも分からない部分もあるので、心カテ検査をして、的確な診断をつけて、手術に臨めるようにする。


というような感じでした。
肺静脈狭窄が繰り返し起こるというのは初耳だったから恐ろしいけど、この1回キリで狭窄が起こらないよう祈るのみです!!

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。